北九州宗像中央病院について

栄養管理科

北九州津屋崎病院 栄養管理科 理念

「食事療法により患者様の病状および状態の改善に貢献します」

栄養管理に関して医師・看護師に代わって行える業務に取り組む心構えでいます。

栄養管理科では、入院された患者様に適した栄養療法の提供を行っています。
身長、体重、摂食・嚥下機能、病状などから栄養状態を評価し栄養プランを作成し、栄養評価を行っています。

栄養管理科01
経口栄養療法
  1. エネルギー・蛋白質・食塩量・水分量などコントロールが必要な栄養素を考慮した食事を提供しています。
  2. 摂食・嚥下機能に応じた段階的な食事を準備しています。(舌で押しつぶせるケア食・ケア食をミキサーにかけペースト状にしたペースト食・食べやすく飲み込みやすく工夫した嚥下食など)
  3. 言語聴覚士による摂食・嚥下評価にも関わりより適した食事内容を目指しています。
  4. 摂取量が低下した際、主治医の了解を得て「試し配膳」を行い食事内容の変更に繋げています。
栄養管理科02
経腸栄養療法
  1. コントロールが必要な栄養素について考慮した病態別栄養剤の提供を行っています。
  2. 経腸栄養による逆流や嘔吐を予防するために水分を先に摂るなど対策の提供を行っています。
  3. 投与方法に応じたタイプ別栄養剤を患者様に応じて提供しています。(半固形化栄養剤・2.0kcal栄養剤)
栄養管理科03
衛生管理体制
  1. 北九州病院グループ衛生管理マニュアルに沿った調理手順を実践しています。
  2. 栄養管理科内部監査では、施設間で監査することで安定した衛生管理体制を維持していくことを目指しています。
NST(栄養サポートチーム)活動
  1. 医師・薬剤師・看護師・言語聴覚士・臨床検査技師・管理栄養士が中心となり、職種間の垣根を越え小さなことから大きなことまで相談し合い、栄養改善に取り組んでいます。
  2. 管理栄養士が病棟の申し送りに参加し、速やかに喫食量の改善が図れる行動力を養っています。
在宅介護への支援
  1. 在宅介護での食事作りに関するアドバイスを随時行っています。
  2. 入院期間中の食事内容の提供や、増粘剤や特殊食品の使用についてご相談ください。
採用情報はこちら.jpg
北九州宗像中央病院(病床数:236床)
〒811-3406 福岡県宗像市稲元2-2-5