地域のみなさまへ

北九州宗像中央病院の特徴

長年にわたり、福津市津屋崎の地で地域医療に貢献してまいりました北九州津屋崎病院は、令和元年9月、北九州宗像中央病院として宗像市へ新築移転いたしました。

沖ノ島や「みあれ祭」などの古代からの歴史を持つ「青い海」と四塚連山や許斐山等の「緑の山々」に包まれた自然豊かな療養環境です。

北九州津屋崎病院からの機能を引き継ぎ「医療療養病棟」と「障がい者施設等一般病棟」を主に長期療養の継続が必要な方への支援が可能です。

また在宅復帰目的での療養、リハビリテーションが必要な方やレスパイト目的での入院対応が可能な「地域一般病棟」も配置しております。北九州宗像中央病院の新たな機能としては「回復期リハビリテーション病棟」を移転後に開設いたしました。

現在、多くの医療機関の皆様よりご紹介をいただいており、今後も地域のニーズに対応すべく増床を検討しているところです。

病院内の体制としては、看護師、セラピストの充実、これまで対応ができなかった個室の提供も可能となりました。

今後もスタッフ一同、患者さまの「心」が和む病院を目指していきます。

社会医療法人 北九州病院 《基本理念》

  • 信頼・協調・貢献

北九州宗像中央病院《基本理念》

  • 安全で安心できる療養サービスを提供します。
  • 患者様の尊厳と権利を尊重します。
  • 患者様の自立と在宅療養を支援します。
  • 地域の皆様との交流を深め、地域の皆様に選ばれる病院を目指します。

《基本方針》

  • 情報提供と十分な説明を行い、納得を得てサービスの充実に努めます。
  • 医療事故防止、抑制廃止及び感染予防対策に力を入れます。
  • 地域保健、医療、福祉活動へ貢献し、地域とのふれあいを大切にします。
  • 医療職としての自覚を持ち、健康管理及び自己研鑽に努めます。
  • 健全な経営基盤の確立に努めます。
北九州宗像中央病院(病床数:236床)
〒811-3406 福岡県宗像市稲元2-2-5