北九州宗像中央病院について

看護部の紹介

看護部長の挨拶

 北九州宗像中央病院は地域のニーズに沿った回復期リハビリ、慢性期医療の病院です。在宅からのレスパイト入院や自宅・施設等へ退院を目指した療養・リハビリテーションを必要とする患者様が入院される地域一般病棟を有しており、患者様及びご家族の希望に応じて、在宅・生活復帰の支援を行っております。
 看護部では、患者様や御家族様の思いに寄り添い、その人らしい生き方を援助できるよう思いやりのある介護・看護を提供してまいります。

看護部長
大村 朱美
看護部の理念

人権を尊重し、満足していただける看護・介護を提供します。

看護の基本方針
  1. 患者様の思いやニーズを把握しその人らしい生き方への援助をします。
  2. 思いやりのある言動で対応します。
  3. 専門職として自己研鑽に努め、よりよい看護・介護を実践します。
  4. 職員が健康で安全に働ける職場環境の構築に努めます。
  5.  
  6. 組織の一員として積極的に病院経営に参画します。
採用情報はこちら.jpg
北九州宗像中央病院(病床数:236床)
〒811-3406 福岡県宗像市稲元2-2-5