北九州宗像中央病院について

病棟のご紹介


    • 地域一般病棟(2階東病棟)

急性期病院での治療後に、患者さまの状態に応じて必要な医療の継続、リハビリテーション等を実施します。

患者さまおよびご家族の希望に応じて退院へ向けた支援を行う病棟です。在宅からのリハビリ目的や介護負担軽減目的の「レスパイト入院」もお受けしています。

※この病棟では同じ症状による通算の入院期間が180日を超えますと、患者さまの状態によっては選定療養費が発生いたします。


    • 回復期リハビリテーション病棟(2階西病棟)

脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などの疾患で急性期病院での治療後に、医学的・社会的・心理的サポートが必要な患者さまに対して、多くの専門職がチームを組み、集中的なリハビリテーションを実施する病棟です。

心身ともに回復した状態で自宅や社会へ復帰していただくことを目的としています。

この病棟では、入院対象となる疾患が決められています。

対象疾患 入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後、又は義肢装着訓練を要する状態 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 180日
多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折 90日
外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 90日

    • 障害者施設等一般病棟(3階病棟)

主に重度の意識障害、身体障害、指定難病をお持ちの方を対象とした病棟です。

人工呼吸器を装着して治療を継続される患者さまや、施設等では対応が困難な医療措置を要する患者さまも、安心して入院生活を継続する病棟です。

対象となる状態等
重度の意識障害・肢体不自由、筋ジストロフィーや神経難病で、長期的に治療が必要な方

    • 医療療養病棟(4階・5階病棟)

症状は比較的安定しているものの、治療することが困難な状態が長く続いており、医療必要度(医療区分)の高い方を対象としております。

医師による治療や看護が必要とされる方のための病棟です。

北九州宗像中央病院(病床数:236床)
〒811-3406 福岡県宗像市稲元2-2-5