北九州小倉病院について

超音波検査

echo01.jpg

超音波検査とは?

エコー検査とも呼ばれ、超音波(高周波数の音波)を使い、人体組織から跳ね返ってきた信号を画像化するもので、X線を使わない検査として、腹痛精査や胎児の観察などに使われています。
超音波検査では、腹部(肝臓、胆のう、すい臓、腎臓など)や心臓、頚部血管、甲状腺、乳腺等の描出が可能です。

北九州小倉病院 [ 病床数:197床(うち人間ドック17床) ]
〒802-0022 福岡県北九州市小倉北区上富野3-19-1