北九州湯川病院について

リハビリテーション科

北九州湯川病院では、お一人おひとりに合わせたリハビリテーションを実施しています。
リハビリテーション科は、理学療法士9名、作業療法士4名、言語聴覚士4名、リハビリ助手4名の計21名で、患者様の自立支援に向けて支援させていただいています。

リハビリテーション科業務のご紹介

理学療法士の仕事

身体が不自由となった人々に対し、基本動作能力(起きる・座る・立つ・歩く等)の維持改善を図るために、運動療法や物理療法を実施します。また患者様の残存能力を考慮した介助方法の検討、ベッド周辺の環境調整、ポジショニングなども行っています。

re_PT_CIMG2872.jpg
reha02.jpg re_IMG_PT20181011_kai.jpg
作業療法士の仕事

必要に応じた道具や環境の調整や作業活動を通して機能の回復・維持を促し、その人らしい生活に向けた援助を行っていきます。そのため、作業療法室だけでなく、トイレや居室など患者様の生活空間でのリハビリも行っています。

re_OT_CIMG2849.jpg
reha05.jpg re_IMG_OT20181011_kai.jpg
言語聴覚士の仕事

脳梗塞などの脳の病気や交通事故による脳の後遺症で「ことば」を使った「聴く・話す・読む・書く」ことが難しくなる"失語症"や、唇や舌に麻痺が残り上手く発音ができなくなる″構音障害"の方に対して、口の体操やカード・文字などを用いてことばの訓練を行います。また、「食べ物や飲み物を上手く、口まで運ぶことが難しい」「上手く飲み込めない」「むせる」といった″摂食・嚥下障害"の方に対して、飲み込みに必要な器官の運動や、飲み込みを促す訓練などを行います。

re_ST_CIMG2859.jpg
re_IMG_ST20181011_kai1.jpg re_IMG_ST20171011_kai2.jpg

チーム医療への参画

医療安全対策チーム

医療安全に関する問題点を指摘し、院内の安全で質の高い医療提供体制の確立を目的に活動しています。

院内感染対策チーム

院内感染の発生と拡大を未然に防ぐことを目的に活動しています。
リハスタッフは主に院内の消毒液や院内感染物の管理について確認を行っています。

栄養サポートチーム

医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、言語聴覚士にて、患者様の栄養管理を包括的に支援することを目的に活動しています。リハスタッフでは言語聴覚士が嚥下機能の評価や食事形態の決定などに関わっています。

褥瘡対策チーム

褥瘡のある患者様や褥瘡予防が必要な患者様に対してのケアや処置に対しての指導を行います。リハスタッフは主にポジショニングの評価、検討に関わっています。

その他

退院前訪問指導訪問2017.JPG

退院後に安全な日常生活を過ごしていただくために、退院が決定された患者様のご自宅に訪問させていただいています。その際、適切な福祉用具の選択、住宅改修や環境整備に関するアドバイスとご自宅でのリハビリテーションプログラムや実際の介助方法の指導等を行っています。

退院支援

退院支援を行っている患者様を中心に通所サービスの利用や施設の生活に馴染めるように4階病棟で集団リハビリを行っています。
IMG_勉強会201705.JPG

リハビリテーション科内勉強会

1〜2回/月の定期的なリハ科内での勉強会を実施しています。
また、院内勉強会や外部研修などへ積極的に参加し、スタッフのレベルアップを図っています。

〜スタッフ資格状況〜
介護支援専門員:6名、福祉用具プランナー:4名、
糖尿病療養指導士:2名、BLS:2名、福祉住環境コーディネーター:1名、呼吸療法認定士2名

イベント・クリスマス会
クリスマス会2017.12 .JPGクリスマス会 2017.12 2.JPG

クリスマス会2017 123.JPG クリスマス会2017 456.JPG 採用情報はこちら.jpg
北九州湯川病院(病床数:298床)
〒800-0251 福岡県北九州市小倉南区葛原2-1-10