地域・医療機関のみなさまへ

感染管理

当院における感染管理

基本理念

医療現場では、医療従事者のちょっとした不注意等が、医療上予期しない状況や、望ましくない事態を引き起こし、患者さまの健康や生命を損なう結果を招くことがあります。われわれ医療従事者には、患者さまの安全を確保するための不断の努力が求められています。
さらに、日常診療の過程に幾つかのチェックポイントを設けるなど、単独、あるいは重複した過ちが、院内感染というかたちで患者さまに実害を及ぼすことのないような仕組みを院内に構築することも重要です。
本指針はこのような考え方のもとに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの感染防止対策と、医療施設全体の組織的な感染防止対策の二つの対策を推し進めることによって、院内感染の発生と拡大を未然に防ぎ、患者さまが安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標としています。
本院においては病院長のリーダーシップのもと、全職員がそれぞれの立場からこの問題に取り組み、患者さまの安全を確保しつつ必要な医療を提供していくものとし全職員の積極的な取組みを要請しています。

当院の感染管理に関する組織体制

病院長―医療安全・感染管理部―感染管理委員会
                 |
               感染制御チーム(ICT委員会)

感染管理委員会メンバー

医師、看護師、検査技師、薬剤師、管理栄養士、リハビリテーション技師、放射線技師、事務職

感染管理委員会活動

1回/月実施、年2回以上の研修会の実施、一般細菌病棟別集計表(月間、週間、年間)抗生使用状況、マニュアル改訂

ICT委員会メンバー

医師、看護師、看護助手、リハビリテーション技師、管理栄養士、事務職、放射線技師

ICT委員会活動

1回/月実施 院内ラウンド毎週水曜日に実施している。感染症発症時に臨時ラウンドを実施している。
平成24年4月より診療報酬の改定により感染防止対策加算2を取得しており、市立八幡病院、製鉄記念八幡病院と連携し感染対策カンファレンスを4回/年実施しています。

北九州八幡東病院
〒805-0061 北九州市八幡東区西本町2-1-17