北九州中央病院について

回復期リハビリテーション

北九州中央病院の取り組み

1. 北九州総合病院との連携

私たち北九州病院グループの急性期病院である北九州総合病院 (北九州市小倉北区東城野町1番1号)と常に連携をとり、転院予定の患者さんについては医師・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカーがカンファレンス等に参加し状況把握に努めています。回復期リハビリテーション病棟の入院後は専従医や整形外科の非常勤医師による回診も実施しています。
また近隣の急性期病院と連携し、スムーズに患者さまを受け入れられるよう、態勢を整えています。

DSC05570.JPGDSC05601.JPG
2. 調理訓練

在宅復帰を想定して家事(調理)ができるよう、リハビリを実施しています。作業行程を確認しながら、安全に家事が行えるように指導します。

7125.jpg
3. 屋外訓練

必要に応じて患者さんと同行し、公共交通機関を利用することや買い物を行うことなど、退院後の生活を想定したプログラムを実施しています。

reha_屋外訓練.jpg
4. ご自宅訪問

ご自宅の状況を把握して、入院中から自宅に合わせたリハビリテーションを展開することで、より早期に自宅復帰を促す試みを実施しています。 ご自宅を訪問させていただき、理学療法士・作業療法士による家屋調査を実施します。また、医療ソーシャルワーカーやケアマネージャーも、退院後すぐに適切な対応が行えるようご自宅に同行いたします。

訪問リハ②.jpg
5. ご自宅訪問後の訓練

ご自宅を訪問させていただいたのち病院では、家屋調査をもとに資料を作成し、ご自宅の状況に合わせた環境で訓練を実施します。ご自宅に近い環境のもと、ご自宅への復帰を促すよう努めます。

ADL訓練(洗濯).jpg


6.電気刺激装置を使用した訓練

麻痺や筋力の低下などで動かしにくくなった手・足に対し、 『電気刺激療法IVES(アイビス)』や『電気刺激DRIVE(ドライブ)』を用いた効果的なリハビリテーションを提案します。

DRIVE_1.jpg reha_OT.jpg

採用情報はこちら.jpg
北九州中央病院(病床数:300床)
〒802-0084 福岡県北九州市小倉北区香春口1-13-1