地域のみなさまへ

回復期リハビリテーション病棟

北九州中央病院は、平成18年6月に300床のうち60床を回復期リハビリテーション病棟に変換しました。
医師をはじめ看護師、リハビリテーション科スタッフなどが共同で患者さんお一人おひとりに合ったプランを作成し、それに基づいて集中的にリハビリテーションを行う病棟です。365日体制ですので土日祝日に関わらずリハビリテーションを行っていただけます。

回復期リハビリテーションの図

入院適応となる患者さま

  1. 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症等の発症又は手術後2ヶ月以内の方。
  2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折の発症又は手術後2ヶ月以内の方。
  3. 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、発症または手術後2ヶ月以内の方。
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後1ヶ月以内の方。

回復期リハビリ病棟の様子

kaibyoto1_KPSM4379.jpg
入院時カンファ

入院の契機となった疾患について、現在の状態から予測される経過を確認し説明させていただきます。
さらに必要とされる入院期間のもと、患者さま、ご家族も一緒にリハビリテーションの目標を話し合い、個別に応じ家庭復帰や社会復帰に向けた計画を作成します。
患者さま・ご家族の意向に沿い、下記の実施・ご相談も承ります。
・介護保険申請のご案内
・退院後の在宅サービス利用の確認
・福祉用具等の助言・手配
・自宅生活を想定したリハビリテーション
・家屋調査・環境調整
・ケアマネージャーや関係機関との連携

朝のミーティング
朝のミーティング

毎朝他職種(医師・看護師・リハスタッフ・MSW)が集まり患者さまの状態をチームで把握し、問題点の早期解決に向けて、専門的にアプローチしていきます。


kaibyoto3_KPSM4422.jpg
リハカンファ(入院後約2週間)

患者さまのリハビリの進行状況を把握し、専門職にて退院へ向けての「できる動作」と「している動作」を近づけていくため、目標や方向性及び今後の方針について確認を行います。


病棟でのリハビリ
病棟でのリハ

訓練室のみのリハビリではなく、自宅を想定した病棟訓練を、病棟の中で行っていきます。1日に行われる起床から就寝までの、すべての動作をリハビリテーション の一環と考えております。 さらに患者さまが目標を定め、リハビリを行っていく上で、ご家族のご協力が不可欠です。 精神的な支えであるのみではなく、日常生活に必要なケアの方法や介助方法など、病棟生活の段階から、ご家族にご説明していきます。


中央病院のとりくみ

愛甲Drの回診
愛甲Drの回診(脳外:週1回月曜日)

脳外科医・看護師・リハスタッフ・連携室による状態チェック。


住宅訪問勉強会
住宅訪問勉強会(週1回水曜日)

住宅訪問時の環境設定や退院後の介助方法、住宅改修のアドバイス、今後のリハビリの検討を行います。


病棟スタッフ

5F_集合写真.jpg
北九州中央病院(病床数:300床)
〒802-0084 福岡県北九州市小倉北区香春口1-13-1