北九州若杉病院について

栄養管理科

栄養管理科の紹介

当院は、療養型病院として地域医療を支えられるように日々努めています。
その中で栄養管理は治療の一環として重要であるという認識の基、充実させて参りました。

栄養管理科基本方針
  • 患者さまの病状に応じた適切な食事を提供し治癒回復に努めます
  • 食事の質の向上と患者サービスの改善を目指します
  • チーム医療に取り組み、食事は治療の一環として提供できるように努めます

NST(栄養サポートチーム)

入院患者ひとり一人の栄養評価を行い、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、その他コメディカルと協力し栄養状態の改善に取り組んでいます。
≪NST回診とカンファレンス≫  毎週水曜日 9:30~

NSTカンファレンス.JPGのサムネール画像NST回診.jpgのサムネール画像

褥瘡回診

褥瘡(床ずれ)を有する患者に対し、創(キズ)の大きさ、深さ、浸出液の有無など医師、看護師に同行し経過観察を行っています。創の状態と栄養状態を照らし合わせ、今後の栄養療法(栄養量や必要な栄養素など)をどう行っていくかを考えています。
≪褥瘡回診≫  毎週水曜日 13:30~

経口摂取への支援

・摂食・嚥下(飲み込み)機能の維持と向上に向けて、機能に応じて食形態を「一口大」「ケア食」 「ペースト食」「嚥下食」と分けて提供しています。
・食欲が低下した時には、主食と副食の量を減らし(ハーフ食)補助食品などで必要な栄養量を摂取 していただけるよう工夫しています。
・季節に応じて行事食の提供を行い、楽しみな食事を心がけています。

行楽弁当(形).jpg 行楽弁当(ケア).jpg
▲行楽弁当(形食) ▲行楽弁当(ケア食)
行楽弁当(ペースト).jpg クリスマス(形).jpgのサムネール画像
▲行楽弁当(ペースト食) ▲クリスマス(形食)

経腸栄養

・経腸栄養管理において絶食期間の短縮を図り、栄養量と栄養材の選択を行い医師への情報提供を  行っています。
・経腸栄養管理でのトラブル(下痢・嘔吐・発熱など)への対応として半固形状栄養材や消化態栄養 材への切り替え。注入速度や水分補給量などを提案しています。

栄養指導

・個別栄養指導(外来・入院)を医師の指示の基、管理栄養士が行っています。
 生活習慣と食生活の見直しと改善にお役立てください。
・集団栄養指導について、テーマを決め今後計画しております。
 参加を希望される場合は主治医にご相談ください。
集団指導.JPG

衛生管理

・衛生管理マニュアルに沿った調理体制により、安全で安心な食事提供を実践して います。
・外部業者による微生物検査および、調理環境のチェックにより問題点の抽出を行い、改善に取り組 んでいます。
・厨房は、オール電化厨房で温度25度以下の環境です。
盛り付け風景①.jpg

適温配膳

・当院では、調理された食事をおいしくいただいていただくために、温冷配膳車を 使用しています。
 温かい食事は温かく、サラダや酢の物など冷たい食事は冷たくし 病棟まで届けています。
IMG_1261.jpg

スタッフ一同、患者さまに寄り添った栄養管理を心がけて参ります

ホームページ用IMG_3727.jpg saiyoujouhouhakochira.jpg
社会医療法人北九州病院 北九州若杉病院
〒811-2416 福岡県糟屋郡篠栗町大字田中275
Tel.092-947-0511 Fax.092-947-1552