北九州病院について

理事長ごあいさつ

 社会医療法人北九州病院は、昭和30年5月、50床の結核病院(現在の北九州中央病院)から発展してきました。現在では9病院(2,942床)、1老人保健施設、1介護付有料老人ホームを運営しております。当法人は北九州市内の病床数の約10%をカバーしており、北九州総合病院の「救命救急センター」を中心とした急性期医療から、亜急性期(回復期)、慢性期医療を提供しています。職員数も約3,500人に及び、西日本有数の医療機関に発展してきました。

 私たちは「患者さんのための医療(for the patient)」という原点を忘れず、安心・安全で質の高い医療を提供できるように、すべての職員が一体となり日々努力を重ねております。

 これまでの60年以上の実績を誇りにもちながら、「信頼・協調・貢献」という当法人の基本理念のもと、医療・福祉を通して一層の社会貢献が出来るように努めてまいります。

 今後とも皆さまの益々のご支援・ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

社会医療法人 北九州病院
理事長 佐多 竹良