北九州津屋崎病院について

介護療養病棟(45床)

介護療養病棟01

介護療養病棟は、比較的病状が安定した介護認定を受けている長期療養中の患者さまで、なお且つ医学的管理下での機能訓練や介護の必要な患者さまが入院される病棟です。


介護療養病棟での取り組み

介護療養病棟02
療養生活の活性化

当院では離床時間を少しでも増やしていただく事で、入院中でもその方の体力にあった生活の活性化に努めています。食事はなるべく、ベッドから離れホールで他の患者さまと一緒にお食事をしていただきます。また、排泄はトイレで出来るように誘導しています。定期的にレクレーションも行っていますので、参加していただくことによって、その方らしい在宅当時の日常に近い生活を送っていただくことを目的としています。

褥瘡対策

当病棟では立ち上がりが困難で車椅子生活の方や、寝たきりの患者さまへの褥瘡対策に力をいれています。褥瘡委員が中心となって褥瘡の有無の確認、マットの使用、体位変換や経過報告等、常日頃患者さまの身体の変化にいち早く気付くことを心掛けています。

不穏な気持ちを楽に

誰しも不穏になる事はあります。当院は海辺に近いこともあり、患者さまの不穏時には職員が付き添い海を眺めながら太陽の光や風を感じ、折々の季節を一緒に感じて共有することを心掛けています。

介護療養病棟03
採用情報はこちら.jpg
北九州津屋崎病院(病床数:236床)
〒811-3307 福岡県福津市渡1693