HOME の中の 診療科 の中の 泌尿器科 の中の 泌尿器科全般

泌尿器科

泌尿器科全般

診療の特徴

進化する経尿道的手術

近年、身体に低侵襲である経尿道的手術は、めざましく治療法が進化しています。当院泌尿器科においても経尿道的な前立腺手術、膀胱手術に力を置いています。

診療科の特徴はこちらをご覧ください
29泌尿器科(2019).pdf

最新の内視鏡システム

現在、当科ではハイビジョンシステムを取り入れ、さらに繊細な画像を用いた診断と安全な治療を行っております。また、狭帯域光観察(NBI:Narrow Band Imaging)システムを導入しております。
NBIシステムとは粘膜表面の微細な血管を観察するシステムで、内視鏡診断を飛躍的に向上させます。癌やポリープ等の腫瘍は粘膜表面の微細な血管パターンが変化するため、通常の内視鏡検査では分かりにくいのですが、NBIシステムはそれらの腫瘍の発見のみならず、病理診断にも有用で世界的にも非常に注目されている画期的な内視鏡診断システムです。

NBIシステム01

NBIシステム02

非細菌性膀胱炎

近頃、尿検査で細菌を認めない間質性膀胱炎が認知されはじめ、注目を集めていますが、その原因はストレス、過去に繰り返した膀胱炎などと推察されるものの明確になっておらず、その治療に取り組む医療機関もいまだ少ない状況です。当院泌尿器科では、その治療法である膀胱水圧拡張術を行える数少ない医療機関です。

ウロギネ科(女性泌尿器科)との連携

当院泌尿器科では、子宮脱、膀胱脱、直腸脱といった骨盤臓器脱に対し、子宮を摘出することなく下垂した臓器をもとの位置に戻すメッシュ手術や薬の効かない尿もれに対して専門に治療を行う女性泌尿器科を併設しております。
診療にあたる医師は、日本でも屈指の専門医である亀田メディカルセンター・ウロギネセンター長の野村昌良医師です。女性もお気軽にご相談ください。

診療内容

腎臓・尿管・膀胱等尿路系悪性腫瘍
手術:主に行う経尿道的悪性腫瘍切除術をはじめ、開腹手術も行います。
化学療法:膀胱注入療法(BCG、THP)、分子標的薬

前立腺癌
内分泌療法

前立腺肥大症
PSA(前立腺癌のマーカー)測定による、前立腺がん検診
薬物療法、手術治療(TUR-P)
尿道ステント留置(前立腺部尿道拡張術)

腎、尿管、膀胱結石症
結石破砕術案内 (1.1).jpg
PDFは こちらからご覧ください。
尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎)
神経因性膀胱・過活動膀胱
その他、男性生殖器疾患

患者さんへメッセージ

気になることがございましたら、まずご相談ください。
患者さんに寄り添える治療を目指します。

先生方へメッセージ

当科では、菌層非浸潤性膀胱癌に対し、世界的に注目されているNBI併用TURBOを専門的に行っております。これは再発が少なく安全性の高い術式で、Second StudyとしてのTURを必ずしも必要とせず、患者さんにとっても負担が少ないといった利点があります。上記が疑われる患者さんがおられましたら、ご相談、ご紹介ください。
また、当院では、CT、MRI、エコーといった検査機器をはじめ優れた検査技術を持ったスタッフが揃っております。治療のみならず、精密検査などお気軽にご相談ください。また、他科的合併疾患に対しましても、総合病院ならではのチーム医療にあたらせていただきます。

スタッフ紹介

1-Dr池田洋.jpg 医師名 池田 洋
役職 部長
資格 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医、暫定教育医
卒業年 H4卒
1-Dr新井隆司.jpg 医師名 新井 隆司
役職 副部長
資格 日本泌尿器科学会認定専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
卒業年 H11卒
小田先生.jpg 医師名 小田 瑞
資格 日本泌尿器科学会認定専門医・指導医
卒業年 H15卒
上田耕平先生.jpg 医師名 上田 耕平
資格 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
卒業年 H21卒
  • 医療公開講座
  • 医療従事者向け研修会
  • 受付時間・休診日
  • 交通アクセス
  • 北九州総合病院 臨床研修
  • 北九州総合病院 看護部
  • 患者支援センター
  • 採用情報
  • 病院指標
  • お問い合わせはこちら:Tel 093-921-0560
  • 予約変更専用ダイアルはこちら:Tel 093-967-0228
  •      
  • 受付時間
  • 子育て女性活躍推進
  • ぬまみどり
  •       
  • マイナビ2020
  • マイナビ看護学生