HOME の中の 診療科 の中の 外科 の中の 消化器外科

外科

消化器外科

診療の特徴

  • 胆石症、虫垂炎、胃・大腸の消化管手術をほぼ全例、腹腔鏡手術で行っている
  • 最近ではさらに傷の少ない、低侵襲な単孔式腹腔鏡手術を導入している
  • 高度進行癌、再発癌に対しては化学療法、放射線治療を組み合わせて集学的治療が行える
診療科の特徴はこちらをご覧ください   
7消化器外科1(2019).pdf

                    
8消化器外科2(2019).pdf

診療内容

一般診療

  • 消化器外科疾患全般
  • 食道、胃・十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝、胆・膵疾患など
  • 小児外科
  • ヘルニア、先天性異常など

内分泌外科

  • 甲状腺、副腎疾患など

血管・リンパ系

  • 急性・慢性動脈閉塞症、下肢静脈瘤、脾疾患など

外傷(損傷)

  • 交通外傷、多発外傷、胸部・腹部外傷、その他一般外傷

検診

  • 医師会および北九州市施行の乳癌検診、および精密検診実施医療機関

専門的な治療内容

1)当院での腹腔鏡手術について

  • 胆石症(胆嚢結石・総胆管結石)、胆嚢隆起性疾患などの腹腔鏡下胆嚢摘出術
  • 食道悪性疾患に対しての胸腔鏡・腹腔鏡下手術
  • 胃の良性・悪性疾患に対して腹腔鏡下手術(幽門側切除、噴門側切除、胃全摘)
  • 胃・十二指腸潰瘍穿孔に対して腹腔鏡下手術
  • 大腸疾患(良性・悪性)に対して腹腔鏡(補助)下結腸切除術、腹腔鏡下低位前方切除術

2)最新の単孔式腹腔鏡手術について

  • 単孔式腹腔鏡下手術

3)進行がん(胃癌、大腸癌、膵癌、肝細胞癌)に対する治療法について

  • 進行がんに対する最新の抗がん剤・分子標的治療

4)その他の治療

  • 胆石や胆道系疾患による閉塞性黄疸に対してはPTCD・PTGBD(経皮経肝的胆管・胆嚢ドレナージ術)による非開腹的減黄術
  • 肝疾患(肝癌・肝損傷など)においては超音波凝固装置・キュサー使用による肝切除術
  • 急性膵炎の保存的・外科的治療、とくに重症急性膵炎に対して膵床ドレナージなどの手術療法
  • 下肢静脈瘤に対する硬化療法
  • 成人鼠径ヘルニアはプラグメッシュ法により早期退院可能
  • 乳幼児・小児鼠径ヘルニアの一泊手術

患者さんへメッセージ

早期退院、早期社会復帰が可能な腹腔鏡手術を幅広く行っています。最近では傷が少ない単孔式腹腔鏡手術を取り入れました。
胃癌、大腸癌、膵癌に対して全国の先生と協力して最新の化学療法を行っています。
術後は当院或いは紹介元の医院、クリニックで通院をしながら経過を見ますが、夜中や休祭日に急に調子が悪くなったりしても当院救急外来で24時間、365日対応し適切な処置を行います。

先生方へメッセージ

当院で手術した症例や休日、夜間の救急症例御紹介など24時間、365日対応致します。また、御紹介頂いた症例は全例お受けいたしますのでよろしくお願い致します。

単孔式腹腔鏡下手術

今までは腹腔内へ3~4ヵ所の1cmの小さな穴をあけて、腹腔鏡というカメラと手術器具を挿入して、映像を見ながら手術を行っていましたが、最近ではおへそに約2cm〜3cmの孔を開けてそこに特殊な器具を挿入して1ヵ所の孔から3本から4本のトロッカーを入れて、今までの腹腔鏡手術と同様に行う手技を始めています。
従来の腹腔鏡手術よりも傷が少なく、術後の疼痛や癒着による合併症が少なくなる可能性があります。また、傷跡はおへその1ヵ所だけで、術後に創がほとんどわからなくなり、美容的なメリットがあります。しかし、従来の腹腔鏡手術に比べて制限された術創より腹腔鏡下操作を行うため、高度な技術が必要となります。
それゆえ、単孔式腹腔鏡下手術を安全に行うためには、日本内視鏡外科学会技術認定医のもとで行うことが良いと思われます。当院では腹腔鏡手術領域で一定の修練を積み、独特の手術操作を習熟した日本内視鏡外科学会技術認定医がいますので、安心して手術を受けていただくことができます。ただ、この手技はすべての疾患にできるわけではなく、内視鏡外科におけるひとつの選択肢ですので、その利点や欠点をよく理解していただく上で、十分なインフォームドコンセントを得て実施しております。
現在、胆石症はほぼ全例に単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術を取り入れています。 また大腸癌(上行結腸癌やS状結腸癌)や胃癌、虫垂炎に対しても単孔式腹腔鏡下 手術を行っています。

スタッフ紹介

1-永田院長.jpg 医師名 永田 直幹
役職 院長
資格 日本外科学会外科専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本乳癌学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本肝胆膵外科学会名誉指導医
日本腹部救急医学会腹部救急暫定教育医・認定医
卒業年 S58卒
日暮先生.jpg 医師名 日暮 愛一郎
役職 副院長
資格 日本外科学会外科専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
卒業年 S62卒
中山先生.jpg 医師名 中山 善文
役職 主任部長
資格 日本外科学会外科専門医、指導医
日本消化器外科学会専門医、指導医
日本大腸肛門病学会専門医、指導医
日本がん治療認定医機構がん治療暫定教育医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
卒業年 S61卒
1-Dr佐古達彦.jpg 医師名 佐古 達彦
役職 外科部長
資格 日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医
卒業年 S61卒
1-Dr黒田宏昭.jpg 医師名 黒田 宏昭
役職 消化器外科部長
資格 日本外科学会外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
卒業年 H4卒
豊福先生.jpg 医師名 豊福 篤志
資格 日本外科学会認定医
日本外科学会外科専門医
卒業年 H6卒
1-Dr村山良太.jpg 医師名 村山 良太
役職 外科部長
資格 日本外科学会外科専門医・指導医
日本救急医学会救急科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会専門医
日本外傷学会専門医
卒業年 H7卒
鬼塚先生.jpg 医師名 鬼塚 貴光
役職 副部長
資格 日本外科学会認定医
日本外科学会外科専門医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
卒業年 H11卒
本田先生.jpg 医師名 本田 晋策
資格 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
本がん治療認定医機構がん治療認定医
卒業年 H20卒
藤本先生.jpg 医師名 藤本 勝士
卒業年 H27卒
櫻井先生.jpg 医師名 櫻井 晶子
卒業年 H28卒

外科希望の臨床研修医の先生へ

当院では救命救急センターが並存しており救急医療ならびに外科医としての最先端の医療技術と専門的な医療が習得できるシステム作りに取り組んでおります。患者さんへ最良の医療を提供できる外科医になっていただけるように研修を行っております。

  • 医療公開講座
  • 医療従事者向け研修会
  • 受付時間・休診日
  • 交通アクセス
  • 北九州総合病院 臨床研修
  • 北九州総合病院 看護部
  • 患者支援センター
  • 採用情報
  • 病院指標
  • お問い合わせはこちら:Tel 093-921-0560
  • 予約変更専用ダイアルはこちら:Tel 093-967-0228
  •     
  • 受付時間
  • engage
  • 湯川病院移転新築開院
  • 子育て女性活躍推進
  •       
  • マイナビ2020
  • マイナビ看護学生