HOME の中の 診療科 の中の 外科 の中の 呼吸器外科

外科

呼吸器外科

診療の特徴

  • 患者さんにとって体へのダメージが少ない完全胸腔鏡下手術を積極的に行っています。
  • 呼吸器内科医師や外来病棟ナース、リハビリ科などを含めたチームでの医療を重視し、患者さんにとってベストと思われるオーダーメイドな治療をチーム一丸となって行っています。

  • 診療科の特徴はこちらをご覧ください   
    9呼吸器外科(2019).pdf

診療内容

  • 当科では、主に腫瘍性疾患(肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫など)、炎症性疾患(膿胸、肺化膿症、肺結核など)、自然気胸、胸部外傷など、肺移植以外の多岐にわたる呼吸器・胸部全般の外科治療を行っています。

  • 胸部悪性腫瘍に対する治療では、肺がんの胸腔鏡手術に力を入れています。肺がんにおける胸腔鏡手術は、通常1~2cm程度の3〜4つの穴を開け手術を行います。腫瘍を取り出すときに術者用の穴は腫瘍と同じ大きさ程度まで広げ、取り出し用の袋に腫瘍を含んだ切除肺を入れ、播種しないよう体外に袋ごと取り出します。
    胸腔鏡手術は体に影響の少ない低侵襲の手術であり、4泊5日程度での退院も可能です。このため、当科では積極的に胸腔鏡手術を導入しています(主に臨床病期0~ⅡA期を対象とし、症例によってはⅡB~切除可能なⅢA期まで)。
    技術的には熟練を要する手術方法ではありますが、手術前に十分な準備(3D-CTなどを用いた血管をはじめとする解剖の詳細な把握、など)を行っており、大きな傷を伴う開胸手術と同等かそれ以上の安全性かつ根治性が期待できる手術方法と考えております。

患者さんへメッセージ

診察に関しては、患者さんが診察室に入ってこられるときの様子や何気ない一言など、可能な限り全身状態を細部にわたるまで把握するように心がけています。
病状や手術などの説明を行う時は、資料などを使って出来るだけ分かりやすく、また言葉を選びながらゆっくり話し、納得していただけるまで説明するように心がけています。

先生方へメッセージ

当科は“断らない診療”を心がけております。
大都市圏と比較しても遜色ない医療を提供できると自負しておりますので、胸に影があったり、胸のことでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

1-Dr佐古達彦.jpg 医師名 佐古 達彦
役職 外科部長
資格 日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医
卒業年 S61卒
鬼塚先生.jpg 医師名 鬼塚 貴光
役職 副部長
資格 日本外科学会認定医
日本外科学会外科専門医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
卒業年 H11卒

外科希望の臨床研修医の先生へ

当院では救命救急センターが並存しており救急医療ならびに外科医としての最先端の医療技術と専門的な医療が習得できるシステム作りに取り組んでおります。患者さんへ最良の医療を提供できる外科医になっていただけるように研修を行っております。

  • 医療公開講座
  • 医療従事者向け研修会
  • 受付時間・休診日
  • 交通アクセス
  • 北九州総合病院 臨床研修
  • 北九州総合病院 看護部
  • 患者支援センター
  • 採用情報
  • 病院指標
  • お問い合わせはこちら:Tel 093-921-0560
  • 予約変更専用ダイアルはこちら:Tel 093-967-0228
  •      
  • 受付時間
  • 子育て女性活躍推進
  • ぬまみどり
  •       
  • マイナビ2020
  • マイナビ看護学生