HOME の中の 病院のご紹介 の中の 院長ごあいさつ

病院のご紹介

院長ごあいさつ

ごあいさつ

永田院長.jpg
院長 永田 直幹

北九州総合病院が2016年5月1日に小倉北区城野駅前に新築移転し、早いもので5年が経過いたしました。

当院の病院理念である「患者さんのための医療“for the patient”」を掲げ地域の住民の皆様のための急性期病院として地域に根付いた医療を行うことを目指して患者さんに安全安心な医療をお届けできるよう職員一同が努力して頑張ってまいりました。

新病院移転後も大変多くの患者さんをご紹介していただき、ひとえに地域の皆様や近隣の病院ならびに開業医の先生や医療関係者の方々との病診連携の賜物と心より感謝申し上げます。

2020年2月より社会全般ならびに医療業界に大きな影響を与えております新型コロナウイルス感染症により多くの医療機関で大変厳しい状況となっておりますが、ワクチン開発と接種が徐々に進み少しずつ収束の兆しが期待されるようになってきたのではないかと思います。

当院は救命救急センターの指定をうけていますので、この大変厳しいコロナ禍でも重症及び複数の診療科領域にわたるすべての重篤な救急患者に対して24時間体制で専門医による緊密で専門性の高い医療提供体制の構築に努めてまいりました。

また当院における通常診療でもより一層、専門性の高い医療が提供できるようロボット支援下外科手術システムや術中ナビゲーションシステムを他施設に先行して取り入れており、新しい医療技術導入と最新医療機器等への設備拡充を進めながらこれからの時代のニーズにあった最先端医療に積極的に取り組んでいます。

高齢化社会が日々進む中、医療を取り巻く環境は急速に変化しておりますが、北九州総合病院は地域の基幹病院として、当院が提供する高度救急・高度専門医療により地域の住民の皆様の健康と生活をお守りいたします。そして私たち北九州総合病院職員は今後も信頼され愛される病院としてあり続けることができるよう他の医療機関の皆様と協力し連携を密に取りながら急性期医療を担う紹介型の総合病院として地域に貢献できるよう精一杯、取り組んでまいります。

当院が地域の先生とのかけ橋になれますようさらに一層努力してまいりますので引き続きご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

令和3年7月吉日

社会医療法人 北九州病院
北九州総合病院
院 長  永 田 直 幹