北九州宗像中央病院について

医療安全管理委員会

当院における医療安全管理体制

北九州宗像中央病院の基本理念である安全で安心できる療養環境の構築のために、平成12年に安全対策委員会、安全対策小委員会を設置し、各部署のリスクマネジャーを中心に医療事故防止に関する活動を展開してきました。その後の医療法改正に伴い、委員会の名称変更、各種の委員会をその傘下に組織改編し、次のような活動を行っています。

医療安全管理部

医療安全管理者、医療安全管理医師、医療安全管理看護師、医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者、事務職員、ケアマネージャーで構成されており、医療安全全般に関する検討をおこない、医療安全管理対策の推進を行っています。院内で周知を必要とする重要項目について、ヒヤリハット通信を発行し、注意を呼びかけています。

医療安全管理委員会

院内の各部門を統括し、事故防止・医療安全管理について病院全体の中枢となる組織であり、事故の防止に関して、病院としての明確な決定権を有する機関です。

医療安全管理小委員会

ヒヤリ・ハット事例、医療事故事例、転倒転落関連事例についての検討、その他院内の医療安全管理対策について審議する実務部門です。定期的に院内を巡回し、院内環境の整備状況、各部門における医療安全対策の実施状況の確認等を行っています。また、医療安全報告書等の集計・分析を行い、その結果や対策について院内研修を開催し、全職員にフィードバックしています。その他に、危険予知トレーニング等を行い、職員の意識を高め安全行動に繋がるように働きかけています。

看護部リスクマネジメント部会

医療安全管理小委員会での検討事項のうち、特に看護部での懸案事項について、対策を検討し実践する部門です。報告件数の多い項目をとりあげ、「誤配薬予防」月間や「転倒転落予防」月間等を設定し注意を促しています。その他に、院内ラウンドやマニュアルの見直し、看護部門における研修の企画立案を行っています。

患者相談窓口(地域医療連携室内)

医療安全管理者等による相談や支援を行っています。
医療安全管理指針を閲覧することができます。

北九州宗像中央病院(病床数:236床)
〒811-3406 福岡県宗像市稲元2-2-5