採用情報

育成・研修について【栄養管理科】

管理栄養士育成・登用システムについて

私たちは、チーム医療の一員として専門性を発揮し、自ら率先して対応できる実践力を備えた管理栄養士を目指しており、育成には特に力を入れて取り組みを行っています。
その一つとして管理栄養士育成・登用システムがあります。新規大学卒業者を管理栄養士(研修)として採用します。管理栄養士(研修)は入職から半年~1年程度、管理栄養士育成プログラムに沿ったOJT研修を受けながら実務を行います。研修終了後は業務習得状況に応じて管理栄養士への登用を行います。

※年に3回ほど管理栄養士登用評価を実施しており、基本的な項目の達成後に登用となります。

2019年度入職、2020年度入職の管理栄養士(研修)について

研修や登用評価を経て、入職者全員が管理栄養士として各施設で活躍しています。
※2019年度入職3名、2020年度入職5名

入職前研修について

北九州病院では2011年度から管理栄養士(研修)を対象に入職前研修を行っています。研修内容は北九州総合病院にて5日間、法人の基本理念やNST、衛生管理、医療・介護制度、コンプライアンスの説明、医療従事者としての接遇の習得などを中心に行っています。また、配属先は入職前研修終了後に個々の適性に応じて決定しています。

初めての就職、特に医療専門職としての就職には不安も多いかと思いますが、研修を通して医療専門職としての心構えや準備ができ、同期入職者との絆も深まります。入職前研修を終えた管理栄養士(研修)は、それぞれの配属先で業務をスタートし管理栄養士登用を目指します。

入職前研修2020_01.jpg 入職前研修2020_02.jpg

※研修は感染防止対策を講じた上で実施いたしました。

  • 参考:2019年度開催時の様子
2019nyuusyokukensyuu-03.jpg 2019nyuusyokukensyuu-04.jpg
入職前研修を終えての感想(2021年度入職管理栄養士)

北九州総合病院 Aさん(山口県立大学出身)
今回5日間の研修を通して、自分自身を見つめ直すこと、また、今後どのように行動していくのか考えることはとても大切だと学びました。研修中に、実際の業務を見学し、仕事のスピードや対応の仕方、調理職員やその他の方との関わり方について不安に感じることが多くなっていました。その後、研修担当者との面談があり、残りの研修で自分が何を学ぶことができるのかを改めて考え、不安や焦りと向き合うことができました。
研修で学んだことを働きだしてからも思い出しながら、一つずつ生かしていきたいです。研修で出会った同期は今後も支え合っていく存在になると思うので、今回の出会いを大切にしたいと思いました。

北九州総合病院 Tさん(西南女学院大学出身)
私はこの入職前研修を通して、社会人として働くうえで大切なことを学びました。 臨機応変に対応する力を身に付けることや栄養士間での情報共有、調理職員の方との連携などはもちろん大切なことだと思いますが、自分の気持ちや思いを言葉にすることや人にわかりやすく伝えることの難しさなどを改めて学び、社会人として働くことの意味を考えさせられた研修でした。
研修で学んだことは、管理栄養士業務のほんの一部に過ぎないですし、実際に業務を始めたら想像以上に大変なことがたくさんあると思います。しかし先輩方の業務の様子を間近で見せていただいて、管理栄養士として働くという実感が徐々に湧いてきました。
そして、食事は生きるうえで大切なものであり、管理栄養士の役割は患者さま一人ひとりの状態に合わせた安全で美味しい食事を提供することに繋がっているため、管理栄養士という職業はなくてはならないものだと実感し、この職業を選んで良かったと改めて思いました。
また、同期とは強い縁を感じるので、配属先は異なりますが、情報を共有したり、時には悩みを相談しあったりできる仲になりたいですし、互いに切磋琢磨しながら高めあっていきたいです。

北九州総合病院 Hさん(九州栄養福祉大学出身)
5日間の研修を終えて、入職前にこのような機会をつくっていただき、本当にありがたいと思いました。先輩から直接経験談を聞くことができてよかったです。 その中では特に、積極性は大切なことだと感じました。業務においても、コミュニケーションにおいても、自ら進んで行動し、発言することを意識したいと思います。
次に、相手の立場に立つことの必要性です。アドバイスをいただいたり注意を受けたときに、ただ落ち込むのではなく、なぜそのように言ってくれたのか、どうすればよいのかを考え、成長に繋げていけるようになりたいです。
最後に、この研修で初めて同期に会いましたが、同期の存在は重要です。研修中にもお互いを励ましあうことができました。これからもお互いを高めあい、支えあう存在になりたいです。この研修を通じて学んだこと、感じたことを忘れずに4月から頑張っていきたいと思います。

北九州宗像中央病院 Hさん(中途入職者)
私は中途採用ですが、新卒入職者と一緒に研修を受けることができ大変感謝しています。中途採用は新卒採用と違い、経験というプラスアルファが求められていると思います。北九州病院における業務は初めてですが、しっかりと吸収し、早く「食べる喜び」の一端を担えるよう研鑽したいと思います。
まずは基本をしっかりと理解し、点となる業務が一本の繋がった線となるよう自身の理解を深め、管理栄養士の道を究めたいです。