お知らせ

リハビリテーション部門講演会を開催しました。

プログラム

1.災害時にリハビリ専門職ができること

熊本機能病院 理学療法士
三宮 克彦 先生

2.医療現場で働く人のストレスと心の健康

西南女学院大学 中島 俊介 先生

講演会責任者 北九州八幡東病院 リハビリテーション科 次長 藤末 健一

 2019年11月2日、北九州芸術劇場にて、2019年度リハビリテーション部門講演会を開催しました。リハビリ職員、他職種、養成校の教員・学生を含めて177名の参加となりました。

 この講演会はリハビリ職員のみならず他職種との連携を考えて開催しており、今回も2名の講師から貴重な講演をいただきました。講演1では講師自身の被災経験も交えながら様々な被災地での活動をお話しいただきました。講演2ではホワイトボートを使用した、まるで大学の講堂で授業をしているような講義の中、たくさんの笑い声も聞かれました。

 参加者の中には「いつ、誰が、どこで、災害に遭遇するかわからないから常に普段から災害に対しての心構えは大事。」、また「心のケアは相手を思いやる気持ちが大切。」などと、話をしながら帰宅する姿が見受けられました。

講演会 画像.jpg 講演会 画像2.jpg