お知らせ

リハビリテーション部門「階層別研修に取り組んでいます。

FJ3100270002.jpg
 今年度から始まったリハビリテーション部門独自の職員階層別研修は年間5回の開催を予定しており、第3回目の「スーパーバイザー研修」は経験年数が4~6年の職員が対象となっています。
 リハビリ養成校の実習指導者の年代、ということで「スーパーバイザー研修会」(ステップⅡ)と題しました。「社会人・医療人・専門職として、備えてほしい知識、そして後輩や学生にアドバイスできるための材料になれば...」という思いで各種テーマを企画しました。
 講師は、北九州病院グループ内の各分野に精通した人材を、各種認定や資格を持った人物を中心に選定しました。
 個々のスキルアップを計るだけでなく、講師の発掘・養成も視野に入れた研修制度として今後も継続・発展させていきたいと考えております。


(研修会責任者 北九州中央病院 理学療法士 角本 俊之)