お知らせ

北九州総合病院新築移転工事に着工しました。

03-04zoom.jpg
 3月10日(月)、北九州総合病院新築移転の安全祈願祭を、建設地である小倉南区城野陸自分屯地跡地で執り行いました。

 環境モデル都市事業を推進する北九州市では、城野地区を「ゼロ・カーボン先進街区」と位置づけ、順次整備を行う計画をすすめており、北九州総合病院はその一大プロジェクトの要ともいえる、「新しい街の新しい病院」として生まれ変わります。

 新病院では、コージェネレーションシステムを中心とした高効率で省エネルギーな熱源システムを採用し、「太陽光発電」、「地中熱利用」など環境に配慮した技術を駆使した町にも人にも優しい病院づくりをめざしています。
 今後は、JR城野駅と直結するペデストリアンデッキや、エコモールに面した明るいレストラン、講堂などの建設を進め、平成28年春のオープンをめざし準備を進めてまいります。

 北九州総合病院は、救命救急センターを併設した急性期型の病院として、24時間体制で患者さまの命をお守りしてまいりました。その情熱は変わらぬまま、より一層地域のみなさまの近くに寄り添い、愛される病院を目指し努力を続けてまいります。

 なお、工事中は近隣のみなさまにご迷惑をお掛けしますが、どうかご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

DSCF7045.JPG

特定医療法人 北九州病院
理事長 重松 昭生

DSCF7070.JPG

北九州市
市長 北橋 健治さま

DSCF7034.JPG