• ホーム
  • お知らせ
  • 新人看護職員研修でBLS(一時救命処置)研修を行いました。

お知らせ

新人看護職員研修でBLS(一時救命処置)研修を行いました。

2020年6月26日(金)、新人看護職員研修でBLS研修を行いました。
 
BLSとは Basic Life Support (一時救命処置)の略称です。
一時救命処置とは、急に倒れたり、窒息を起こした人に対してその場に居合わせた人が救急隊や医師に引き継ぐまでの間に行う応急手当の事です。

「急変時の対応」と題し、当院の有資格者の看護師4名を含む新人職員12名が参加し、
人体模型やAEDを使った蘇生措置等、 一次救命処置について実演と指導を行いました。

身のまわりの家族や友人、隣にたまたま居合わせた人が突然倒れた場合、どのように対応すべきかと実演を行っている様子に緊張感が伝わってきました。

P1000394.JPG

P1000462.JPGP1000502.JPGP1000492.JPGP1000478.JPG

P1000499.JPG

北九州中央病院(病床数:300床)
〒802-0084 福岡県北九州市小倉北区香春口1-13-1