北九州津屋崎病院について

看護部の紹介

看護部長の挨拶

看護部長(代行)

 平成29年度が始まり3ヶ月が過ぎようとしています。柔らかな陽射と新緑が心を穏やかにしてくれる、今日この頃です。 昨年は患者様・ご家族・職員の皆様の協力で、一年間大きな事故もなく無事に過ごすことが出来ました。これも皆様のおかげと感謝しております。
 新年度を迎え4月より看護部長を拝命し3年目に入りました。 津屋崎病院は風光明媚で眼下に海が広がり、その上には山がありと、とても療養環境としては恵まれた所に位置しています。このような環境で働いている職員は人柄が良く、優しく温かい人が多くいます。北九州病院グループは福利厚生や教育制度が充実していてとても働きやすい職場です。
 高齢化社会の中、来年は診療報酬・介護保険の同時改定があります。今後の医療機関・社会保障制度・医療・看護・介護がどういう方向に進んでいくべきかを考える中で、これからは「チーム医療と医療連携」が重要といわれている時代です。今後は病院外での地域においてのチーム医療(地域の医療機関や行政等との連携・在宅・施設) 病院内での職種間におけるチーム医療(医師・看護師・リハビリ・その他コメディカル等)連携を意識してよりよい看護、介護を実践していきます。  今後も職員教育を行い患者様・ご家族に満足していただける誠実な看護・ケアの提供が行えるように看護部を牽引していきます。 

看護部長
堺 京子
看護部の理念【平成29年度】

人権を尊重し、優しさに思いやりと笑顔で安心を添えた看護・ケアの実践

看護の基本方針
  1. 患者様・ご家族から信頼される看護、介護を提供します。
  2. 満足感の持てる職場作りを目指します。
  3. 地域との方々(住民・医療や福祉関係者)との連携を強化します。
  4. 専門性を持って看護・ケアの質を上げる。
  5.  
  6. マネージメント力を発揮しチームワークを強化する。
看護目標
  1. 個別ケアの充実を図る為に症例検討の実績を積む
  2. 職員間のコミュニケーションを充実させ病棟カンファレンスを定期的に 行い現場の業務改善を図る
  3. 院外活動・研修等に積極的に参加できるようにサポートいていく  
  4. 職員の意見を積極的に現場に取り入れる

おわりに

現在、当院は人工呼吸器8台が稼働。腹膜透析(APD、CAPD)の患者さまが常時2~3名入院されています。毎月レスパイトの患者様を10人程度受け入れています。このような患者様にも看護職員の細やかな対応が出来るように、呼吸器認定療法士資格修得に向けてのサポートや院外への透析研修会や実習に参加してスキルアップを行っています。認知症ケア研修会参加や・介護福祉士・介護支援専門員など資格習得を奨励しております。全病棟の研究発表や学会発表などに向け日々自己研鑽しています。

*看護師・准看護師・看護助手を随時募集しています。
 患者様の人権を尊重し、患者様・御家族の立場にたって患者様と寄り添い、思いやりを持ち、看護、介護を行って参ります。働く職員がイキイキと、心に余裕が持てる職場作りをめざしています。皆様とお会い出来る日を楽しみにしています。どうぞ宜しくお願い致します。

採用情報はこちら.jpg
北九州津屋崎病院(病床数:236床)
〒811-3307 福岡県福津市渡1693