北九州津屋崎病院について

概要・沿革【NEW】

沿革

当院の始まりは、大正2年、九州初のサナトリウムとして開設された私立の結核療養所であり、その沿革は次のとおりである。

  • 大正2年 肺結核療養施設津屋崎療養院として発足
  • 昭和32年9月 健康保険組合小倉部会経営の療養所を継承し、医療法人北九州病院:津屋崎病院療養所を開設し、玄海国定公園に隣接し好環境にある療養に適した津屋崎病院診療所の発足。(結核病棟:90床)
  • 昭和52年4月 (結核病棟:290床)
  • 昭和53年9月 (結核病棟:258床、一般内科:32床、計:290床)
  • 昭和54年4月 (結核病棟:324床、一般内科:76床、計:400床)
  • 昭和55年4月 (結核病棟:309床、一般内科:151床、計:460床)
  • 昭和56年4月 若杉病院より青春期内科を移設
  • 平成7年6月 改修工事に伴い、老人病棟:240床・結核病棟:67床、青春期病棟:56床に変更し、老人病棟については介護力強化病院(特例許可老人病棟)とする。(許可病床数460床⇒363床)
  • 平成11年2月 療養型病床群移行のため、北九州古賀病院へ老人病棟(60床)を移す。老人病棟240床⇒180床(許可病床数363床⇒303床)
  • 平成12年4月 介護保険制度開始
  • 平成12年5月 結核病棟67床を廃止(許可病床数303床⇒236床)
    介護療養病棟:90床、医療療養病棟:90床、障害者等一般病棟:56床 計:236床
  • 平成14年7月 旧B棟(2病棟、3病棟)及び厨房・リハビリ室・機械室を撤去し、中庭側に増築工事を施行し、3病棟・厨房・リハビリ室・機械室を移動する。新厨房はオール電化を採用、機械室はキューピクル(高圧電流)も室内に配置する。一般内科(青春期内科)を療養型に移行。
  • 平成16年3月17日 財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価認定
  • 平成24年4月 青春期病棟の廃止

病床数

236床(看護単位:5単位)

  • 介護療養病棟:90床【6病棟、7病棟】
  • 医療療養病棟:91床【1病棟、5病棟(認知症対応)】
  • 障害者等一般病棟:55床【3病棟】
  • 6月1日より7病棟が介護療養病棟から「地域一般病棟」に変わります。【NEW】
  • 標榜科目

    • 内科、呼吸器科、心療内科、リハビリテーション科
    北九州津屋崎病院(病床数:236床)
    〒811-3307 福岡県福津市渡1693