HOME の中の 病院のご紹介 の中の 宗教上の理由で、輸血を拒否される患者様へ の中の 輸血を拒否される患者様へ

宗教上の理由で、輸血を拒否される患者様へ

輸血を拒否される患者様へ

宗教上の理由で、輸血を拒否される患者様へ


北九州総合病院では、輸血拒否に対して「相対的無輸血(*1)」の方針に基づき、以下のように対応いたします。

1. 宗教上の理由で輸血拒否をされる患者様に対して、そのことを理由に診療拒否は
 致しません。
2. 輸血を行う必要がない治療等に関しては、最善を尽くした医療を行います。
3. 原則として、輸血を必要とする治療、検査が行われる可能性のある場合は、転院を
 お薦めする場合もあります。
4. 患者様、そのご家族等により提示される免責証明書など「絶対的無輸血治療(*2)」
 への 同意文書は受理、署名いたしません。輸血拒否書は当院のものを使用させて
 いただきます。
5. 当院は、救命救急センターです。出血性ショックなど輸血以外による救命の手段が
 ないと判断される緊急の場合は、手術同意書、輸血同意書が得られていない場合
 でも救命のため手術、輸血療法を実施する場合があります。

北九州総合病院 病院長


*1 :相対的無輸血
   患者の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努めるが、輸血以外に救命の手段
  がない事態になった場合には輸血を行う。
*2 :絶対的無輸血
   患者の意思を尊重し、たとえいかなる事態になったとしても輸血は行わない。