HOME の中の 病院のご紹介 の中の 総合病院プロジェクト の中の 院内感染対策委員会

総合病院プロジェクト

院内感染対策委員会

感染対策に関する基本的な考え方

当院における感染対策は、施設内においては感染症の患者と感染症に罹患しやすい患者とが同時に存在していることを前提に、患者・職員ならびに来訪者への感染のリスクを最小化するとの視点に立ち、全ての患者が感染症を保持し、かつ罹患する危険性を併せ持つと考えて対処する『スタンダードプリコーション(標準予防策)』の観点に基づいた医療行為を実践し、あわせて感染経路・病原体別予防策を講じる。
 こうした姿勢で、院内感染の予防を図るとともに、院内感染発生の際には、その原因を速やかに特定し、拡大防止、制圧、終息を図る。そのため、「感染制御チーム(ICT:infection control team)」が中心となり指導・教育を行う。全職員が「感染対策マニュアル」を遵守し感染対策業務を遂行できる体制作りを目指している。

感染対策に関する管理組織

院内感染対策管理組織.JPG

感染対策委員会(ICC:infection control committee)

感染管理に関する最高諮問機関として、ICTおよび感染対策委員会にて協議された事項を審議および承認を行う。

感染対策専門委員会

各部署での感染対策の役割モデルおよび連絡調整役を果たす組織である。

リンクナース委員会

様々な院内感染対策を実践するために、看護師の立場から対応する組織である。

感染対策委員会活動内容1.JPG

感染制御チーム(ICT:infection control team)

感染対策の実働部隊として病院長の直轄として設置する。日常の感染防止対策を推進する組織として活動し、かつ感染症発生時には迅速な対応や措置を実施する。
<メンバー>
ICD、医師若干名、薬剤師、感染制御認定薬剤師(BCPIC)、臨床検査技師、感染管理認定看護師(CNIC)
<定期活動>
毎週金曜日にラウンドとカンファレンスを実施
<活動内容>
①感染対策に関する医療上、看護上のアドバイスの実施する
②院内定期ラウンドを行い、感染対策の確認、改善を促す
③抗菌薬適正使用を指導、推進を図る
④職業感染対策の実施する
⑤スタッフの感染管理教育を行う
⑥院内感染発生時および市中感染症流行時の迅速な対応をする
⑦感染対策マニュアルの見直し、改訂を行う
⑧感染防止対策加算1施設として、連携1施設間の相互ラウンドおよび連携2施設と のカンファレンスおよびコンサルテーションを行う
感染対策委員会活動内容2.JPG