HOME の中の 病院のご紹介 の中の 総合病院プロジェクト の中の がんサポートチーム

総合病院プロジェクト

がんサポートチーム

がんサポートチームとは

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患に伴う問題に直面する患者と家族の生活の質の向上(QOL)を改善するための方策で、疼痛およびその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題の早期かつ確実な診断・早期治療によって、苦痛の予防と軽減を図ることを目的としています(WHOの定義)。

北九州総合病院がんサポートチーム(CST:Cancer Support Team)は、がん診療に携わる医師、看護師、薬剤師、リハビリスタッフ(PT・OT・ST)、メディカルソーシャルワーカー(MSW)、栄養士などの多職種がチームとなって、がん患者さんやご家族の身体や心のつらい症状を緩和できるよう、主治医や担当スタッフと協力しながらお手伝いさせていただきます。

がんサポ8.jpg

毎週水曜日15:30~16:30に、カンファレンス・ラウンド実施中

がんサポ1.jpg
がんサポ4.jpg
がんサポ5.jpg



がんサポートチームの活動


①がんになったご本人・ご家族からの様々な相談を受け付けます。

②ご本人・ご家族の治療に関する意思決定のサポートを行います。

③がんに伴う症状の緩和や治療のサポートを行います。

④ご本人・ご家族への直接的な身体的ケア、心理的・社会的ケアを行います。

⑤医療スタッフとチームで話し合い、ご本人・ご家族のケアの方向性を検討します。

⑥医療スタッフに対して、日々の活動および定期的な勉強会などの開催により、緩和ケアに関する教育活動を行います。

がんサポ.png