HOME の中の 病院のご紹介 の中の 総合病院プロジェクト の中の 医療安全管理委員会

総合病院プロジェクト

医療安全管理委員会

医療安全管理室のご案内

当院は、医療の安全を守り、患者さんの信頼を得るために、平成18年4月に医療安全管理室を設置し、医療安全管理指針に基づいて医療安全の向上に努めています。

医療安全は医療の質に関わる重要な課題です。患者さんの安全を第一優先に考えて、北九州総合病院の職員一人一人が安全な医療を自分自身の課題として認識し、安全管理体制の確立と安全な医療の徹底を図ることができるよう活動しています。

医療安全管理室の業務

  1. すべての「医療安全報告書」(インシデント・アクシデントレポート)に目を通して、原因分析や必要な再発防止策の提言をしています。
  2. 医療安全ラウンドを通じて、各職場の実態を調査しマニュアルなどの遵守状況をフィードバックしています。
  3. 情報収集・情報提供
    院内外の各専門機関の情報や通知をキャッチし、「医療安全管理室通信」などで職場への周知を図っています。
  4. 職員への研修の企画・実施
    職員全員を対象とした研修を年2回実施しています。また各部門での研修にも協力しています。(例)「患者誤認防止」「骨折のケーススタディ」「医薬品の安全管理について」など)
  5. 医療事故への対応

医療安全管理室スタッフ紹介

医療安全管理室室長
副院長
日暮 愛一郎
医療安全管理者(専従リスクマネージャー)
(看護師)
高見 祐子
事務部次長(医療安全担当)
原口 隆行

医療安全管理のための指針

本指針は、北九州総合病院(以下当院という)における医療安全管理体制の確立、医療安全管理のための具体的方策及び医療事故発生時の対応方法等について、指針を示すことにより、適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に役立てることを目的とする。

第1  医療安全管理に関する基本的考え方

医療安全は、医療の質に関わる重要な課題である。また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、病院及び職員個人が、医療安全の必要性・重要性を病院及び自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することがもっとも重要である。このため当院は、本指針を活用して、医療安全管理委員会及び医療安全管理室を設置し、医療安全管理体制を確立するとともに、危機管理意識を維持し、安全な医療サービスを提供できるよう努める。

第2  医療安全管理のための委員会その他、組織に関する基本的事項

医療にかかる医療安全管理体制の確保及び推進を図るため、医療安全管理室及び医療安全管理委員会を設置する。医療安全管理委員会の下に、特定の事項を検討するためにリスクマネージャー会議並びに作業部会を置き各部署・委員会との連携を図る。医薬品に関する医療安全のため医薬品安全管理者、医療機器に関する医療安全のため医療機器安全管理者を任命し、管理の体制改善方法について検討提言を行う。

第3  医療安全管理のための職員研修に関する基本方針

医療安全に係る研修を医療安全・感染対策研修と位置づけ全職員を対象に以下の研修を行う。 (1)医療安全に関する事項 (2)感染対策に関する事項 (3)医薬品に関する事項 (4)医療機器に関する事項 (5)その他重大な事象が発生した事項

第4 事故報告等医療安全の確保を目的とした改善に関する基本方針

インシデントやアクシデントが発生した場合は、速やかに規程の書式によりリスクマネージャーに報告し医療安全報告の提出を行う。院内LANによる電子報告によっても可能とする。重要と思われるレポートについては医療安全管理室で検証し医療安全管理委員会に諮る

第5 医療事故発生時の対応に関する基本方針

当該者の健康回復に全力を尽くすことを優先し、可及的速やかに上司に報告し指示を仰ぎ、必要に応じ院内に緊急コールを発信し処置に必要な十分な人員を確保する。その後、当該者や家族に説明を行う。事故の事実関係をできるだけわかりやすく正確に説明する。さらに重要事項は、事故調査委員会を速やかに立ち上げ、事実関係をできるだけ正確に時系列に整理する。また、「医療事故調査制度」に該当すると院長が判断した事案については、遅延なく医療事故調査・支援センターへ報告する。

第6 医療従事者と患者との間の情報共有に関する基本方針(患者等に対する医療安全管理指針の閲覧に関する基本方針を含む)

医療安全管理指針は、いつでも情報開示ができる環境を整備する。また、患者からの医療の安全管理及び、安全対策などについての質問があれば積極的に情報を開示する。

第7 患者からの相談への対応に関する基本方針

患者・家族等からの相談に適切に応じる体制を確保するために、患者支援センターに医療相談窓口を設置し、積極的に対応する。

第8 その他、医療安全管理に関する事項

各部署にリスクマネージャーを配置し、医療安全管理委員会で決定した事項を所属員へ周知させる。また、安全情報として医療安全管理室通信、ポスター等を発行し職員へ周知する。