HOME の中の 病院のご紹介 の中の 概要 ・ 沿革

病院のご紹介

概要 ・ 沿革

概要

北九州総合病院は、社会医療法人北九州病院グループの基幹病院として、「高度医療」「救急医療」を提供しています。北九州病院グループの中では、唯一の救命救急センターを併設した、一般病床360床の総合病院です。

平成7年には救命救急センター、平成9年には災害拠点病院の指定を受けました。また平成19年より脳卒中センターを開設し、地域の救急体制の核としての使命を担うべく、24時間体制で救急医療を行っています。また、平成19年には日本DMAT(専門災害派遣医療チーム)の指定を受けました。

北九州総合病院の概要
所在地 〒802-8517 福岡県北九州市小倉北区東城野町1-1
電話番号 093-921-0560
FAX番号 093-922-7208
病床数 360床
内訳:一般病床 328床、救命救急センター 32床(ICU12床、救急病棟20床)
病院長 永田 直幹
副院長 高水間 亮治、青山 和義、坂本 喜彦、日暮 愛一郎
救命救急センター長 坂本 喜彦
看護部長 川井 伴子
事務部長 大坪 昭則

沿革

北九州総合病院の沿革
昭和34年 北九州病院湯川療養所を開設(現在の北九州総合病院の前身)
昭和42年 病院に昇格、北九州湯川病院と改称
昭和54年 総合病院に昇格、北九州湯川総合病院と改称(救命救急医療を開始)
昭和58年 北九州総合病院と改称
平成 7年 救命救急センターに指定(福岡県内6番目)
平成 9年 災害拠点病院に指定
平成12年 臨床研修病院に指定
平成16年 新制度の臨床研修病院に指定
平成17年 新病棟(西棟)竣工
電子カルテシステム稼動
平成18年 財団法人日本医療機能評価機構Ver.5.0による病院機能評価認定
平成19年 脳卒中センター開設
日本DMAT(専門災害派遣医療チーム)に指定
平成20年 DPC(診断群分類包括評価方式)を開始
平成28年 新築移転(北九州市小倉北区東城野町1番1号)