HOME の中の 病院のご紹介 の中の 診療サポート部門 の中の 血管造影検査

診療サポート部門

血管造影検査

血管造影(Angiography)検査とは?

当院の血管造影検査の装置は、循環器(心臓)用と頭腹部用の2台があります。

腕や大腿部の動脈に、カテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、その先端を目的の部位まで到達させたところで造影剤を注入して、血管の状態(狭窄や梗塞、動脈瘤などの病変)を観察する検査です。

検査と同時に治療(塞栓術やステント留置術など)を行うこともあります。

検査前の注意事項

この検査および治療には、ある程度のリスクが伴いますので、主治医の十分な説明を受けた上で同意してください。

事前準備は、病棟で行いますので、医師や看護師の指示に従ってください。

検査中の注意事項

検査室内は手術室と同様に、清潔に保たれています。検査中に動かれると、清潔な状態が保たれなくなってしまう可能性がありますので、動かないようにご注意ください。

検査時間は、検査内容にもよりますが、1時間~2時間が目安です。

検査後の注意事項

止血後は病棟での安静になります。医師、看護師の指示に従ってください。

radiologicaldept13.jpg radiologicaldept14.jpg