HOME の中の 病院のご紹介 の中の 診療サポート部門 の中の アイソトープ検査

診療サポート部門

アイソトープ検査

アイソトープ検査とは?

核医学検査とも呼ばれ、放射線を発する能力がある物質(RI:放射性同位元素)で目印をつけた薬品を体内に微量投与し、体内から発せられる放射線をガンマカメラで検出し、画像化します。

RIは、体内で代謝され、異常な部分に特異的に集約する性質をもっているため、他検査で分からない機能的な診断ができます。

アイソトープ検査の手順

  1. 放射線総合受付で受付後、アイソトープ検査室へお越しください。
  2. RIは、注射により投与しますが、目的の臓器へ集積するのに時間がかかります。この時間は、RIの種類によって異なるため、注射直後に検査を開始する場合と、数時間後あるいは数日後の検査になる場合があります。
  3. 1回の検査時間は、20分程度ですが、検査内容によっては、1時間かかる場合もあります。

検査前の注意事項

  1. 基本的に食事制限はありませんが、検査によっては、食事制限をすることがありますので、予約時にご確認していただきますようお願いいたします。
  2. 妊娠中または妊娠の可能性のある方、および授乳中の方は検査ができない場合がありますので、事前に主治医にご相談ください。
  3. その他、ご不明な点は、医師または放射線技師にお尋ねください。
radiologicaldept11.jpg

検査の種類と特徴(一例)

  1. 骨シンチグラフィ
    注射した薬剤が、骨の代謝や反応が盛んなところに集まる性質を利用して、骨腫瘍や骨の炎症、骨折の有無などを調べます。主にがん細胞が骨に転移していないかを確認する検査です。骨に転移しやすいがんである乳がん、前立腺がん、肺がんなどの治療前そして治療後の経過を観察するのに欠かすことができない検査です。
  2. 脳血流シンチグラフィ
    脳に注がれる血流の情報を画像化することで、脳の血流量を視覚的に評価する検査です。解析ソフトを使用することにより、正常例と比較した血流量の低下度を調べることができ、他の検査では明らかな異常が見られない認知症の初期においても特徴的な異常がみられるため、アルツハイマー型認知症の診断に非常に有用です。
  3. ドパミントランスポーターシンチグラフィ(ダットスキャン)
    ドパミントランスポーターシンチグラフィは脳内の黒質線条体ドパミントランスポーターを画像化する検査です。CTやMRI、脳血流SPECT検査ではわからなかったドパミン神経の変性・脱落の程度を評価することが可能になり、パーキンソン病を含むパーキンソン症候群やレビー小体型認知症の診断に有用な検査です。

アイソトープ検査の安全性について

アイソトープ検査で使用するRIは、短時間に自然と減衰して無くなるものを使用しています。さらに、使用する量はごく微量であり、目的の臓器に集まったあとは、尿や便中に排出されるため、いつまでも体の中に蓄積されることはありません。また、検査を受けられる患者さんの周囲の方への影響についても、心配ありません。

アイソトープ検査で受ける放射線の被ばく量は、検査の種類によっても違いますが、10~60mGy(ミリグレイ)程度です。CT検査や透視検査と同程度の放射線被ばく量であり、人体に悪影響がでるようなことはありませんので、ご安心ください。