HOME の中の 病院のご紹介 の中の 診療サポート部門 の中の 内視鏡検査

診療サポート部門

内視鏡検査

内視鏡検査とは?

内視鏡検査とは、先端に小型カメラ (CCD) またはレンズを内蔵した太さ1cm程の細長い管を口あるいは肛門より挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。 医療機器や技術の発達により応用範囲も広がり、診断から治療までスムーズに行われるようになってきました。

内視鏡検査.jpg

上部消化管内視鏡(食道・胃・十二指腸カメラ)検査の手順

検査前日の注意事項

  1. 検査前日の夜21時以降は、何も食べられませんが飲水は可能です。
    (牛乳および乳製品を含む飲み物は避けてください。)
  2. 検査前日までの内服薬は、医師の指示がない限りは通常通り服用してください。
  3. 脳梗塞・心疾患予防のため、血液をさらさらにする薬を飲まれている方は、休薬する場合もありますので、事前に担当医とご相談ください

検査当日の注意事項

  1. 検査当日の朝の血圧や心臓の薬だけは、起床後に少量の水でお飲みください。
    朝食を食べられないので、糖尿病の薬や、インシュリン注射は控えてください。
  2. 心臓の疾患、緑内障、前立腺肥大、甲状腺機能亢進症等の既往がある方は、事前にお申し出ください。
  3. 鎮静剤の使用を希望される方は、危険を伴いますので自動車、バイク、自転車等の運転はできません。家族等による送迎か公共交通機関をご利用ください。

上部内視鏡検査手順

  1. 放射線科総合受付で受付後、担当の看護師がご案内いたしますので、受付前でお待ちください。
  2. 検査室では、問診を行い、血圧や心拍数等を測定後、義歯等の貴金属をはずします。
    (金属を装着されていますと、高周波装置を使用する場合、熱傷を起こすことがあります)
  3. 胃内が観察しやすい様、胃の中の泡を消す薬(消泡液)を飲みます。
  4. 鎮静剤を希望される方は点滴をします。
  5. 喉の麻酔を行います。(経鼻内視鏡の方は鼻腔に麻酔を行います。)
  6. 検査台に移動しベルトをゆるめ左側を下にして横になります。唾液で汚染しないようエプロンをつけます。
  7. マウスピースを口にくわえます。マウスピースをくわえたら、鼻から息を吸い、口から溜息のようにはくと息苦しさが軽減します。(経鼻内視鏡の方はマウスピース不要です)
  8. 希望の方は、緊張をとる鎮静剤の注射をします。
  9. 検査中は力をぬいて楽にし、唾液が溜まってきたら飲み込まずにそのまま外に自然に流します。胃内が観察しやすい様、空気を注入しますが、なるべくゲップは我慢してください。
  10. 検査後、鎮静剤を使用した方はふらつきがなくなるまで休みます。
  11. 会計窓口、又は各診療科外来へお戻りください。

検査後の注意事項

  1. 喉の麻酔が効いているので検査後1時間から1時間半は食べたり、飲んだりできません。飲水を開始する際は、はじめに少量の水をとり、むせないことを確認してくだい。
  2. 検査後にうがいをしたいときは、上を向くとむせますので、口に含み、下を向いたままゆっくりうがいをしてください。
  3. 帰宅後に、気分不良などの症状があった場合はご連絡ください。

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)検査の手順

検査前日の注意事項

  1. 脳梗塞・心疾患予防のため、血液をさらさらにする薬を飲まれている方は、休薬する場合もありますので、事前に担当医とご相談ください。
  2. 検査前日の昼食後、ピコスルファート5ml(下剤)を服用していただきます。
  3. 検査前日の夕食は、消化の良いものを少なめにとっていただきます。
  4. 検査前日の夜9時に、ピコスルファート5mlとセンノシド錠2錠(下剤)を、コップ1杯以上の水で服用して下さい。
  5. 検査前日の夜9時以降は、何も食べられませんが飲水は可能です。
    (牛乳および乳製品を含む飲み物は避けてください。)
  6. 検査前日までの内服薬は、医師の指示がない限りは、通常通り服用してください。

検査当日の注意事項

  1. 検査当日の朝の血圧や心臓の薬だけは、起床後に少量の水でお飲みください。
     朝食を食べられないので、糖尿病の薬や、インシュリン注射は控えてください。
  2. 心臓の疾患、緑内障、前立腺肥大、甲状腺機能亢進症等の既往がある方は、事前にお申し出ください。
  3. 鎮静剤の使用を希望される方は、危険を伴いますので自動車、バイク、自転車等の運転はできません。家族等による送迎か公共交通機関をご利用ください。
  4. ポリープ切除等の治療をされた方は、1~2日程度の入院が必要となります。
  5. 下剤を服用しますので、ご心配な方はオムツや着替えをご用意ください。
     当院、売店でもオムツ等販売しています。
  6. 水かお茶の500mlペットボトルを2~3本ご用意ください。下剤服用時に飲んでいただきます。

下部消化管内視鏡検査手順

  1. 放射線科総合受付で受付後、担当の看護師がご案内いたしますので、受付前でお待ちください。
  2. 検査室では、問診を行い、血圧や心拍数等を測定し、下剤を約1リットルと持参して頂いた水もしくはお茶を飲んでいただきます。便の状態によっては追加して飲んでいただく場合もあります。
  3. 水様便になり、粒やカスが無くなり、色がうすくなったことを看護師が確認後、検査へ移ります。
  4. 検査着と検査用パンツへの着替えをお願いします。義歯等の貴金属をはずします。
    (金属を装着されていますと、高周波装置を使用する場合、熱傷を起こすことがあります)
  5. 鎮静剤を希望される方は点滴をします。
  6. 検査台に移動し、左側を下にして横になります。
  7. 緊張をとる鎮静剤の注射(希望時)や、胃腸の動きを止める注射を行います。
  8. 検査中に体の向きをかえたり、お腹を押さえたりする事があります。
  9. 検査後、鎮静剤を使用した方はふらつきがなくなるまで休みます。
  10. 更衣後、会計窓口、又は各診療科外来へお戻りください。

検査後の注意事項

  1. 大腸カメラ検査は空気を入れながら行いますので、腸に空気が残る場合があります。そのため、お腹が張ったような感じがしますが、おならをすることで、自然とよくなります。おならが出にくいときは、お腹をマッサージしたり、軽い運動をしたりして腸の動きを助けてあげてください。
  2. 食事はすぐにとっていただいて構いませんが、刺激物やアルコールは避けて、消化のよい食事を心がけてください。
  3. 帰宅後に、気分不良などの症状があった場合はご連絡ください。