HOME の中の 病院のご紹介 の中の 診療サポート部門 の中の 骨密度測定

診療サポート部門

骨密度測定

骨密度測定とは?

微弱なX線を用いて、腰椎と大腿骨近位部(股関節部)の骨密度の測定を行います。

骨折をはじめ、リウマチ、糖尿病、慢性腎不全、婦人科疾患等の患者様の骨量減少や骨粗鬆症診断に役立っています。

定期的な測定により骨量減少を早期に発見し、骨の健康状態の情報を数字で指標することで適切な予防法や治療指導を行うことができます。

検査時間は、15分程度です。

骨密度測定検査の手順

  1. 放射線科総合受付で受付後、骨密度測定検査室前にてお待ちください。
  2. 放射線技師よりお名前を呼ばれましたら、検査室に入室してください。
  3. 貴金属はあらかじめ外してください。また、プラスチック類が付属している衣類は、検査の妨げになる場合がありますので、検査内容によっては、脱衣や検査着への着替えをお願いすることがあります。
  4.   
  5. 寝台に横たわり、数分間じっと動かないでいるだけで検査は終了します。なお、検査自体は痛みや気分不良を起こすような作用はございません。
  6. 検査終了後、測定結果を受け取り、各診療科へお戻りください。
  7. ご不明な点がございましたら、放射線技師にお尋ねください。
radiologicaldept07.jpg