HOME の中の 病院のご紹介 の中の 診療サポート部門 の中の CT検査

診療サポート部門

CT検査

CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)検査とは?

X線を用いて身体の横断面(輪切り)の画像を撮影する検査で、脳出血や脳梗塞、肺や腹部疾患、骨折などの詳しい情報を得る事が出来ます。

当院では現在、80列検出器(1回転で最大160スライス40mm幅の画像が得られる)のCT装置1台、最新の320列検出器(1回転で最大640スライス160mm幅の画像が得られる)のCT装置1台が設置されており、コンピュータ処理によって横断面だけではなく、様々な方向からの画像や三次元的な画像を作成することもできます。

検査時間は?

造影剤を使わない検査で、10分程度、造影検査で、20分程度が目安になります。

検査内容によっては、検査時間が長くなる場合があります。詳しくは、放射線技師にお尋ねください。

造影検査とは?

検査の目的によって造影検査を行ないますが、造影剤を使用する事で血管や臓器、病巣などがわかりやすくなり、造影剤を用いない場合と比べて、より正確な診断が可能となります。

造影剤は患者さんによって使用できない場合がある事、また安全な薬剤ではありますが、まれに副作用が生じる場合があるため、造影検査前に医師の説明のもと『造影CT検査同意書』に署名して頂くことになっております。

検査当日の食事は?

造影検査の予定がなければ、食事の制限はありません。

造影検査の場合で、午前中の検査予定の方は、朝食を控えてください。

造影検査の場合で、午後からの検査予定の方は、昼食を控えてください。

なお、造影検査の場合でも、お茶等の水分制限はありません。むしろ、検査終了後の造影剤は、尿中から排泄されますので、検査の前後は、十分にお茶等の水分を摂取してください。

服用中のお薬については、医師からの指示がない限り、通常通り服用してください。

検査前の注意事項

  1. 撮影の妨げとなる、取り外しの可能な貴金属類は、あらかじめ外してください。
  2. 検査内容によっては、脱衣や検査着への着替えをお願いすることがあります。
  3. 検査中、正確な位置合わせのため、体に触れることがあります。
  4. 混雑した時間帯には、待ち時間が長くなることがあります。
  5. 妊娠されている方、および妊娠の可能性のある方は、事前にお申し出ください。
  6. 検査内容によっては息止めをお願いすることがあります。息止めの合図を放送で流しますので、しっかり息止めをしてください。聞き取りにくい場合はお申し出ください。
  7. 造影検査の場合、万が一、検査途中に気分が悪くなる(吐き気がする、息苦しくなる、皮膚にかゆみがでる)ことがありましたら、佐ウエイ開始直前まで看護師が傍に立ち会っていますので、すぐに教えてください。

検査後の注意事項

造影剤を使用しない検査では、特に注意していただくことはありません。

造影検査終了後は、十分にお茶等の水分を摂取してください。

また、造影剤による副作用(吐き気、かゆみ、蕁麻疹等)が数時間後から数日後にかけてあらわれる可能性があります。万が一、このような症状があらわれた際には、ご連絡いただきますよう、お願いいたします。

造影検査が終わられた患者さまには、注意事項を記載した書類をお渡しいたしますので、必ずお読みください。

radiologicaldept06.jpg