私たちの取り組み

認知症への取り組み

認知症治療病棟(中央3病棟)について

平成24年5月より、当院に認知症治療病棟を開設しましたので、簡単にご紹介します。
人口の高齢化に伴って、認知症の方の行動管理や合併症治療が必要になっています。当院の精神科は病棟の入口のみ鍵がかかっていますが、内部は自由に過ごせるようになっています。
入院形式は2種類あります。本人に同意能力がない場合、家族の意志で入院していただく医療保護入院と、もう一つは、本人に同意能力ある場合、本人の意志で入退院できる任意入院という形式があります。
昨年より新しいアルツハイマー病治療薬が使用できるようになり、感情の不安定さや問題行動などが、かなりコントロールできるようになりました。その他、認知症治療病棟では、高齢者に多い脳卒中後遺症や肺炎・心臓病・骨折後遺症、糖尿病・腎臓病などの内科的合併症も併行して治療しています。薬物療法、食事療法、身体的リハビリテーションの他に脳の活性化を促す精神科的リハビリテーションを積極的に行っています。
皆さまが安らかな老後を過ごしていただけるよう今後とも職員一同、地域医療に微力を尽くしていく所存でございますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

副院長 生島正弘

認知症治療病棟01

中央3病棟は認知症病棟45床です。認知症治療病棟では認知症に伴う行動や症状の軽減に努めています。患者さまの喜び・楽しみを共有し、生き生きとした生活を送っていただけることをこころがけています。

認知症治療病棟02

患者様のお部屋はリハビリ庭園に面しています。専用のリハビリ室やリハビリ庭園にて認知症専門のリハビリテーションを実施しています。

北九州古賀病院(病床数:594床)
〒811-3113 福岡県古賀市千鳥2丁目12-1 TEL. 092-942-4131