北九州古賀病院について

薬剤科

理念

患者さんを中心とした、医薬品の適正使用を推進し、チーム医療に貢献します。

基本方針

1.薬剤が原因で起こる事故を防止し、安全な医療が実施されるよう努めます。

2.医療の進歩、高度化に対応すべく自己研鑽に努めます。

3.医療経済を視野に入れた健全な病院経営に貢献します。

業務紹介

1.薬局内業務

◆内服・外用調剤

◆注射薬調剤

◆医薬品管理業務

◆医薬品情報提供業務(DI業務)

◆ジェネリック医薬品の使用推進

12746.jpg CIMG1163.JPG
2.病棟業務

当院では、病棟担当の薬剤師が可能な限り病棟へ常駐出来るよう努め、主治医や看護師等と協力しながら、薬に関する様々な問題に個別に対応しています。

◆持参薬の鑑別

患者さんが持参したお薬の内容を薬剤師が確認しています。薬の種類や服用 方法などの情報を把握し、当院の薬にスムーズに移行できるよう、医師と協 議し処方設計に協力しています。

◆薬剤管理指導

現在服用している薬の内容や使用方法などの説明を行い、副作用の有無や薬 の効果の確認などを行っています。

◆TDM(治療薬モニタリング)

患者さんが使用している薬の血液中濃度を測定し、患者さん一人ひとりの治 療効果を最大限に発揮させ、副作用を最低限に抑えられるよう薬剤投与に関 する情報を医師に提供しています。

◆ケアカンフレンスへの参加

◆配薬カートへの薬剤セット

12750.jpg
3.チーム医療

◆栄養サポートチーム(NST)

医師、看護師、管理栄養士などと一緒に回診を行っています。事前に患者の 栄養に関わる薬の情報を把握し、薬を通して栄養管理に携わっています。

◆院内感染対策チーム(ICT)

多職種が集まり感染対策活動を行っています。薬剤師は、抗生物質の選択・投 与量・投与期間等の確認を行っています。

◆褥瘡チームラウンド

医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、管理栄養士と共に定期的に褥瘡回診に参加し、患者さんの状態に応じた薬剤の選択に携わっています。

北九州古賀病院(病床数:594床)
〒811-3113 福岡県古賀市千鳥2丁目12-1 TEL. 092-942-4131