お知らせ

平成30年度第6回調理員研修会を開催しました

北九州病院では患者さまに安心安全な食事を提供するために、調理職員を対象とした研修会を開催しています。

プログラム

  • 1.治療食について
    北九州総合病院 課長 真渓香代子
  • 2.グループワーク「働きやすい職場について」

12月13日に平成30年度第6回調理員研修会を開催しました。各施設から調理師、調理員などの中堅職員19名が参加しました。

第一部では、食事は医療の一環として提供されるべきもので、入院患者の栄養補給量は、性別、年齢、体位、身体活動レベル、病状等によって個々に適正量が算定されるべき性質であることや糖尿病や腎臓病などの疾患に対する食事療法について学びました。

第二部では、働きやすい職場とはどのような職場かをグループに分かれて意見を出し合いました。前向きで活発な意見交換が行われ、最後にグループの代表者が発表を行いました。

参加者からは「治療食についての講義は具体的でわかりやすかった」「良い職場はコミュニケーションがよくとれている。自ら積極的に声をかけていくことを意識したい」「病院の調理師としての役割を再認識できた。調理師としてプライドを持って仕事に励みたい」などの声が寄せられました。

30年度第6回調理員研修会01.jpg 30年度第6回調理員研修会02.jpg

栄養管理科では患者さまに真心を込めた安全な食事が提供できるように、日々力を注いでいます。
栄養管理科の主な取り組み、採用情報については下記よりご覧ください。

栄養管理科について
その他採用情報

 その他、採用に関するご不明点などは、各施設担当者までお気軽にお問い合わせください。