北九州中央病院について

院長ごあいさつ

DSC_0196.JPG

療養型の医療施設として北九州地区の医療に貢献しています。

北九州中央病院 院長 橋爪 誠


 当院は、社会医療法人北九州病院グループの出発点で、1955年5月に北九州市小倉北区に 設立開院し、60年以上を超える長い歴史を有しています。「敬愛・信頼・協調」を基本理念として地域医療・地域社会に貢献できるよう職員一丸となって尽力しております。 当院は、平成14年10月にモノレール「香春口三萩野駅」に直結する交通至便な現在地に移転したのを契機に、急性期病院での治療を終えた患者さんを対象に、在宅復帰までの療養を目的とする「療養型病院」として新たなスタートを切りました。 300床の病棟には、回復期リハビリテーション病棟、障害者施設等病棟、医療療養病棟があり、北九州地区の地域医療連携を緊密に取りながら地域住民の方から信頼され、患者さんやご家族の方に満足し喜んでいただける医療を提供できることを願って頑張っております。 特に、当院は回復期リハビリテーション医療の充実に力を注いでおり、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など多くの専門スタッフが患者さんとともに日夜訓練に励んでおります。栄養サポートチームは、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師などでチームを結成し、患者さんお一人おひとりの治療方針に沿った栄養管理を立案し、美味しく、真心のこもった食事を提供できるよう「おもてなしの心」で努力しています。 今後とも北九州中央病院をご利用くださいますよう宜しくお願い致します。

北九州中央病院(病床数:300床)
〒802-0084 福岡県北九州市小倉北区香春口1-13-1