お知らせ

北九州地区 Medical&Care フォーラム開催(第5回)!!

北九州地区 Medical&Care フォーラム開催

 平成30年3月10日(土)に第5回目(全6回)となる「北九州地区 Medical&Care フォーラム」が開催されました。
 第5回目となる今回は「認知症の方の排泄ケア~パーソン・センタード・ケア~ともに笑顔になれるケアを目指して」と題し、日本コンチネンスケア協会コンチネンスアドバイザーの種子田 美穂子先生に講演を行って頂きました。
 認知症を持つ人を一人の"人"として尊重し、その人の視点や立場に立って理解しケアを行う認知症ケアの考え方に沿って認知症の病気・病態を踏まえ排泄機能との関係、薬剤との関係を学び、個人の病状に応じたアセスメントを行い適切なアプローチで機能性失禁への対応や認知症の人との接し方、排泄援助の実際を講演していただきました。

講演後はグループに分かれて症例検討を行い、講演で学んだことを踏まえ情報からアセスメントをして対応策を各グループが発表し、先生からコメントをいただきました。各自が現場に戻り今日の学びを生かしていただければと思います。

次回開催は2018年5月12日(土)の予定です。
テーマは「総括(取組み報告会)」です。

re1_DSCF1042.jpgre2_DSCF1044.jpgre3_DSCF1053.jpg

「北九州地区 Medical&Care フォーラム」について

◎開催趣旨
 北九州市で暮らす高齢者を支えていくためには、医療従事者が施設の枠を超えて協力し、個々の患者に応じた療養環境を整備し、リハビリテーション、認知症、ターミナル、在宅医 療介護などの場面で適切なケアを提供する必要があると考えます。
 しかしながら、各医療施設においても慢性期看介護におけるやりがい醸成、人材の定着、人材育成に課題を感じています。施設ごとではなく、地域全体で人材教育を行っていくことにより、効果効率的な地域に繋がる看介護の質の向上を目指したいと考えます。
 高齢者や障害者において重要な排泄は疾患、薬剤、ADL、栄養、環境等に関連して、最新の知識に基づいた様々なアセスメントを必要とし、病院経営において重要な「人・物・金」 に関わるものでもあります。今回初めて北九州市でメディカルケアフォーラムを立ち上げることで皆様のお役にたてることが出来れば幸いです。

◎勉強会参加者の目的
 ①現在のケアへの課題抽出と今後の取り組み目標の明確化
 ②他病院との討議によるモチベーションアップ
 ③ケア知識レベルの引き上げ
 ④各病院での取り組みリーダーの育成
 ⑤地域連携

◎参加対象者
 北九州市内及びその近郊地区の病院・施設の管理職および排泄委員
 排泄委員会がない病院はそれに準ずる委員会のメンバー
 *ご招待限定

◎開催日
 第1回(平成29年7月22日) 「コンチネンスケアの重要性」
 第2回(平成29年8月26日) 「排泄基礎知識」
 第3回(平成29年10月14日)「排便サポート」
 第4回(平成30年1月27日) 「予防的スキンケア・ポジショニング」
 第5回(平成30年3月10日)「認知症と排泄の関連性」
 第6回(平成30年5月12日予定) 「総括(取組み報告会)」

北九州中央病院(病床数:300床)
〒802-0084 福岡県北九州市小倉北区香春口1-13-1